fc2ブログ
2014
08.12

第87項:火葬場常駐案内嬢➄

Category: 警備員   Tags:火葬場話題
こんにちは、いつも来てくださる方、初めての方、
お越し下さいまして有り難う御座います。

本日も、雨で現場が中止になってしまいました。
火葬場ネタはこれで最後にしようと思います。お付き合い下さいまして有り難う御座います。
それでは、本日もどうぞ宜しくお願い致します。


個人的に色恋の話題は苦手だった。
フェミニズムという言葉があるけれど、私は女性としてではなく、
仕事をこなす頭数、という心持で交通誘導には従事しているのでありますが、
この火葬場は、女性ということが雇用の条件の一つであるので、
ただの案内の頭数という認識ではいけない。
当然ながら、
女性らしい言葉遣いや、仕草や動作の一つ一つに女性らしさが求められるからであります。
(関係ありませんが、私は完全な男女平等はありえないという考えです。
矛盾していますけど・・・)

女性らしい、どのような女性らしさが求められるのかというと、
主に上流階級の方々へ対する相応な女性らしさ、であります。
ごきげんようの世界の女性らしさ。
そういう世界を知ることが出来たのは、幸運と思っています。
私の敬語や動作の物腰はここで仕込まれました。もう忘れてますけど

そういう感謝もありますけれど・・・・それでも女性として職場で接せられるのは、ストレスだった。
話は戻って、色恋の話題がこの職場では中心の話題であり、
私も男性方からは女性として接せられた。

これが最大のストレスだった。


勤務も3ヶ月を迎えようとしていた。
詰め所でも東屋でも、女性として男性業者社員は声をかけてくる。
プライベートでお茶でも飲みに行かないか、食事にいかないか、電話番号は?
仕事終ったら時間ある?・・・

注釈しておきますが、決してモテていた訳ではありません。
若い女性が私しかいないのであります。
前のハヤシさんも、同じようなことで悩まれていたのです。

あの火葬場内では、誰も彼も男性は皆女性に飢えているとしか思えなかった。
女性職員さんも、あの業者の○○さんはいい男とかよく言っていた。
・・・どこにでもあることとは思うんですが・・。

特に困っていたのは、タナカさんだった。
スケベ爺様は来た時の卑猥話だけで、個人的に誘われる事はなかったので、
あまり気にしてはいなかった。

夜の電話が何より迷惑だった。
やめて欲しいと言っても止めてくれない。

同じ会社の唯一の仲間なので、角が立つことは避けたくて拒否も電源も落としはしていなかった。以前の20歳という彼女と重ねて見られ、何か注文をぶつけられる度にその元彼女はこうだった。と言っていた。
かなり困り、管制に「もう耐えられません」と言って現場から外して頂けるようにお願いした。

交代の女性隊員が見つかるまで、それ程時間はかからなかった。

「新しい人が見つかった。引継ぎよろしく。」

やっと開放される、気が軽くなった。

時々逃げていた一人になれる場所、ロッカールームで初日のハヤシさんに引き継ぎをしてもらった光景を思い出しながら、新しくやって来たモトキさんに引継ぎをした。

サバサバした感じの女性だった。
あのドスケベ爺様など、もろともしないようなタイプに見えた。

私は体を動かす仕事が向いているんだな、と最後の業務を終えた帰り道にフツフツとこの3ヶ月ちょっとの時間を振り返った。

やっぱり交通誘導がいいや!!!

ここまでお読み下さいまして、有り難う御座いました。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://nigoukeibiinn.blog.fc2.com/tb.php/96-424389a2
トラックバック
back-to-top